スポーツバイクにあこがれてキャッシングした話

スポーツバイクにあこがれてキャッシングした話

自分が初めてキャッシングをしたのは28歳の春のときでした。
ちょうどそのころ、ロードバイクブームが始まって衛星放送でツールドフランスを見始めてなんてきれいな映像なんだろう、
なんてかっこいい自転車なんだろうと思い自転車がほしくなったのがまずきっかけです。

しかし、ほしい!と思ってネットで価格を調べてみたら、その値段の高さに驚きました!
いままでママチャリで1万でも高いと思ってたのにあろうことか、ほしい自転車は50万円以上したのです!
さすがにこれは無理だと思って、自分自身貧乏だったので一旦はあきらめたのですが、
ふとした時にスポーツ自転車屋さんにいったら自分が一番恰好いいと思っていた自転車がありのままの姿で飾ってあったのです!

もう一瞬でひとめぼれしてしまったのですが、欲しくてほしくてたまらない衝動にかられたのですが、何しろお金がありません。
しかし今回ばかりは諦められず、うしろめたさを感じつつもカードローンを組んでしまいました。
在籍確認のときとかは、一瞬後悔しかけましたが、それでも自転車がほしい気持ちのほうが大きかったため、ローンを組んだあと自転車を買ったときは、大喜びしました!
今ではローンも完済し、その時買った自転車も現役バリバリで走っておりすべてがいい思いでです。